ブログ100記事達成!結局は【読者のためになるかどうか】

どうも、ゾロメです。


2021/07/28現在、5か月間でようやく

100記事を達成しました

長かったですね~


そして、5か月間で得た結果がこちらです!

5か月間の収益!

・Googleアドセンス:約800円

・アフィリエイト:16円

・pv数:4858

・月間pv:約1000


「えっ…、この程度なの?」

はい。これが現実です。

よく巷でいわれる「100記事書けば月1万円は余裕!」とありますが、

「100記事書いたら月1万円」

あんなものは絶対にありえません


そんな生易しいものではありません。

絶対に無理です。断言します。


もちろん、100記事を書いてみて
学んだこともたくさんあります。

その中で、「結局はこういうことか!」

と思ったことがあります。それは、



「読者のためになる記事を書くしかない」



結局は、すべてここに行き着きました。

スポンサーリンク


結局は「読者のために記事を書くしかない」


「読者のために精一杯記事を書いているか」

結局はすべて原点回帰です。

なぜなら、

読者が満足してくれないと
そもそもブログに足を運んでくれない



次の場合、皆さんはどちらがいいですか?

CASE1:100人のユーザーがブログに足を運んでくれても、すぐに記事から離れてしまう記事

CASE2:たった1人でもブログに足を運んでくれて、しかも数10記事も読んでくれて、商品まで買ってくれる記事。



普通なら CASE2 が絶対にいいですよね。

ただ、私も含め多くの人がCASE1を選んでしまっています。


それは、「ユーザー数が多いと気持ちいい

ただ、これって自分が嬉しいだけで

読者にとっては何のメリットもないです。


本当に読者の為を思うならCASE2のように

たった1人でもいいので、全力で喜んでくれる記事を書かなきゃダメですよね?



小手先の技なんて意味がなかった


100記事書いて思ったのですが、

小手先の技なんて何の意味もないです。

  • とにかく検索順位を上げるために
    ニッチなワードを狙い撃ちする
  • Googleアドセンスの単価を上げる為に、不得意な高単価ジャンルを書く
  • ロングテールキーワードを使った記事を量産する


今思うと本当に無意味だったなと思います。

単価を上げること、検索順位を1位取ること

もちろん素晴らしいです。ただ、

そんなことよりも、まずは読者のためになる記事づくりだー


自分に利益のある記事を書いても、
読者の方はすぐに気づきます。

「あっ、これ私に有益な記事じゃない」


そうなると、ユーザーは瞬く間に離脱していきます。検索順位を上げようが、高単価の
記事を書こうが全く意味がないんです。


小手先の技よりもやるべき事

とにかく今精一杯の力で読者にとって
1番ためになる記事を作ること


100人の野良ユーザーより、1人のファンがいてくれた方が幸せ者だと100記事書いて感じました。


個人的にはGoogleアドセンスは
2つまで


Googleアドセンスで収益が出た時、

やったー!収益発生!

もっと広告つけまくるぞ

そう思い、記事中に何個も入れてました。

ただ、今思うと読者にとっては邪魔なのかなと思います。


読者は記事を見に来てくれています。

なのに途中で広告が入ると、目が散りませんか?


私も他のサイトを見ていて

「広告ジャマだな。もういい、やめよ」

と思う時があります。

「それと同じことをしていたんだな」と感じています。

ただ、そうは言っても稼ぎたいですよね!


なので、読みやすくするために個人的には

Googleアドセンスは2広告が限度かなと思います!!


アフィリエイトで稼ぐのは
めちゃくちゃ難しい


100記事書いて思うのが、

アフィリエイトで稼ぐのは想像以上に難しい


よく1か月で月5万円達成しました~
なんて見かけますが、個人的には

  • 真っ赤なウソ
  • 下積みや他のスキルがあり、
    初心者ではない方

ほぼこの2通りだと思うので、まったく気にしなくていいと思います。

それよりも、まずは自分が渾身の力で読者に提供できる商品を紹介するのが1番いいと思います!!

私の場合は、教養におすすめ!岩波文庫まとめ14選で岩波文庫の「方法序説」が初の売上でした。16円でした!


ジャンルは何でもいいと思います。とにかくおすすめの商品を全力で紹介することが1番大事だと感じます。


トップブロガーさんはもれなく
アフィリエイトで稼いでいる


ブログで稼ごうと思うなら、アフィリエイトで稼ぐしかないです。

これはトップブロガー皆さんがおっしゃっていることですが、100記事書いて私も痛感しています。

Googleアドセンスではクリック単価が安すぎる

月1万円目指す場合

Googleアドセンスは1クリック=1円
1万回クリック必要

アフィリエイトだと1商品=100円
100回購入で1万円!

断然違いますもんね!

トップブロガーさんは圧倒的なファンがいらっしゃるのでアフィリエイトで生計を立てられるんです。

なら私たち初心者ブロガーはどうすればいいのでしょうか?


【結論】読者に役立つ記事を書いてファンを獲得していく


5か月100記事書いて、自分なりにたどり着いた結論です。

結局はここに戻ってくるんですよね。

そんなことどうでもいいだろ!自分の利益になる記事を書けばいいんだ!

私も60記事あたりまではそう思ってました。

ただ読者がいないと、どれだけ高単価の記事を書いてもお金が発生しないんです。

それなら意味がないんです。

100記事書いて感じたこと

私たちブロガーは「読者あってのもの」だということ

改めて100記事書いて感じました。


Twitterでユーザーに見てもらう


あとはTwitter!!

Twitterの効力はすごいです。やっぱり多くの人に見てもらえるので素晴らしいです。

やっていない方はぜひやってみてください!

Twitterに関する記事も書いているので、よければ参考にして下さい!!




本記事のまとめ


【読者のために精一杯記事を書くこと】


やっぱり原点回帰ですね。

とにかく読者の利益になる記事を必死に書くことが1番の王道なんだと感じました。


有名ブロガーのマナブさんが先日Twitterで

本当にその通りだと思いました!

50記事ではこの意味は正直分からなかった。

ただ100記事書いてようやくわかりました


「読者のために精一杯の力で記事を書き続ける事」

これが100記事かいて導き出した答えです!


少しでもブロガーの皆さんにお役に立てれば幸いです!!



100記事書いてきた中で、記事を作るうえで役に立ったツール・本をまとめています!

良ければ参考にどうぞ!!



本記事はこれまで!!!




スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA